2018年05月06日

スマホ表示のバーコードを読み込んでもらう

ドメインの継続とレンタルサーバの継続時期が到来したので、契約更新をしなければならない。

料金の支払はいつもコンビニ払いなので、払込票を印刷して、それのバーコードを読み取ってもらいコンビニレジに表示された金額を確認する。

しかし、プリンタが不調で黒色が出にくい。これでは払込票を持参できない。印刷できない場合は払込票に表示される払込票番号を口頭でレジで伝えるように注意書には記載されている。13桁の数字を2種類間違わずに、聞き直されずに言うのも面倒だな。

スマホで対応できないだろうか?印刷物もスマホに表示されるのも解像度的には遜色ないだろう。スマホもフルHDなのだから。

PCのディスプレイに表示される払込票を印刷せずに、画面をキャプチャーする。そのJPEGをPDFで保存する。

そのPDFをGoogle Driveにアップして、コンビニ内でスマホに表示できるように準備する。うまく行かなければ払込票番号を口頭で伝えれば良い。

コンビニに到着し、スマホにGoogle DriveからPDFを表示する。バーコード部分をピンチアウトでスマホの画面に大きく表示させる。

コンビニ店員さんにスマホを見せて、これを読み取らせられるかを確認する。バーコードリーダをスマホに近づけて読み取る。レジに正しく表示された。もう1種類あるので、それもスマホに表示し読み取ってもらう。

スマホに表示したバーコードでも正常に読み取られる事が分かったので、プリンタの不調が直っても印刷せずにスマホにバーコードを表示して支払いすれば、プリントしなくとも良い。プリンタの使用機会が少なくなってプリンタの不調に気づきにくくなる。それは少し困る。

帰宅したら入金確認のメールが到着していた。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年05月06日 | コメント (0)

2018年05月02日

Auto Clean Pro 2018

お客様から変なメッセージが出るので見て欲しいとの依頼である。

PCを起動すると右下に画面の右下に上掲の画面が表示される。「Auto~CleanPro~2018」と表示されている。既に迷惑ソフト感満載である。

「374すべての問題を修正!」「手間のかからないパフォーマンスをお楽しみください。」残り時間は一時間を切っている。お客様からの連絡は2日前なので、その時も一時間を切っていたのだろうか。

このPCには374の問題があるらしい。そんなに問題があるのにPCは元気に稼働している。動きが遅いわけでも、怪しい動きをすることもない。374の問題はどういうところにあったのだろうか?

「手間のかからないパフォーマンス」って何だろう。374の問題があってもパフォーマンス良く動くのだろうか?ある程度自動的に動いてユーザが行う操作は少なくて良いということか?

ネットを調べると「RegClean Pro」と画面がほとんど同じようなので、これの亜流か、2018年になってこれにしたのか。

「コントロールパネル」→「プログラムと機能」を表示させると「Auto~CleanPro~2018」がリストの中にある。アンインストールも可能である。これも「RegClean Pro」と同様である。アンインストールしようとすると「アンインストールしないで」のようなメッセージを出す。そうは行かない。アンインストールするために来訪しているのだ。

同じ日に「Driver Updater」がインストールされている。どちらがどちらを呼び込んだのか、一緒にインストールされたのか。これも同じ様な迷惑ソフトである。お客様も「ドライバーが古い」とメッセージが出たと言っていた。こいつだ。これも同じ様にアンインストール。

デスクトップに「Buy McAfee」のアイコンが鎮座している。コントロールパネルを見ると上記2ソフトと日付は違うが、最近インストールされている。ネットの情報によると上記2ソフトと仲間のような記述がある。正式なMcAfeeではないとも書いてある。確かに「プログラムと機能」のリストのメーカ名には「BuyMcAfee」となっている。こちらもアンインストール。McAfeeは購入・インストールしません。

スタートアップに怪しいプログラムをスタートさせようとしていないかを確認する。

再起動して、アンインストールしたことによる不具合が発生しないこと、アンインストールしたソフトが復活して来ないことを確認して終了。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年05月02日 | コメント (0)

2018年04月24日

スマートウォッチ購入


スマートウォッチ (スマートブレスレット) を購入した。

身体の不調があって1ヶ月弱入院してしまった。心電図送信機の端子を身体に貼付していたり、点滴の針を何回も腕を替えて刺すので、時計は外した状態でベッドに横になっていることがほとんどだった。

ベッドから見えるところに時間を表示しているものは無いので、スマホの時刻表示を確認していた。朝の早い時間(6時頃)に看護師が血圧と体温を計測する。一日に数回計測する。

調べたら「モーニングサージ」という症状があり、朝方に血圧を計測するのは重要だと判った。看護師は血圧計と体温計を複数持参して、血圧計のカフを巻付けスタートボタンを押す。体温計を各自の脇の下に挿して、次の患者に向う。

計測が終了した血圧計は表示部に最高血圧・最低血圧を表示した状態になるので、看護師はそれを一覧表に転記する。こうすると待ち時間が少なく看護師の仕事が捗る。

体調に重要な血圧と体温なので朝一から計測・記録するのだろう。自宅に手首血圧計はあるが、ほぼ使用していない。取り出して、手首に巻き付け計測して、所定の位置に収納する、これが面倒なのだろう。

そんな事を思いながら、病室内でも許可されているスマホで調べていたらスマートウォッチで血圧も計測できるものがある。その他にも、勿論時刻表示、心拍数、歩数計、消費カロリー、睡眠計測、座りすぎ通知、電話通知、SNS通知など、十指に余る機能がある。しかし体温測定機能は無い。それでいて4,000円しない程度の価格。

持て余すベッド上の時間でスマホを調べる。ほとんどが中華製。血圧が計測できる機種に絞る。レビューで好感度が高い製品を選択しようとするが、何しろ中華製、好感度が高いレビューからボロクソレビューまで全ての製品に存在する。

数種類から決定するしかない。ヨシッ、退院したらアマゾンでこの機種を購入しようと「ほしいものリスト」に追加しておいた。退院してからアマゾンを確認すると、購入を決めていたスマートウォッチがタイムセールで800円程安くなっているので、躊躇なく発注。

スマホと連携するのでGoogle Playから「H Band 2.0」をダウンロード、インストール。このアプリも中華製で中途半端な日本語化でお茶を濁している。何を表示したいかは解らないことはない。

一番の目的の血圧測定はディフォルトで22:00~08:00まで一時間毎に測定する。それ以外は、スマホから開始するか、スマートウォッチの操作(タッチパネル)で開始できる。これはモーニングサージに注意できるような対応なのだろうと思った。

スマートウォッチの血圧測定結果は入院中に測定されていた数値と、それ程乖離していないので参考程度には使える。この血圧測定値にレビューで文句を言っている人が多数。カフも巻いていないのに、それ程正確な計測は出来ないような気がする。どうして血圧が測定できるのか不思議でネットを検索すると「パルス伝導速度技術」を使用しているようだが。

心拍数は30分毎に24時間計測する。血圧測定と心拍数測定時にはスマートウォッチ裏側(肌側)で緑色のLEDが点灯する、赤外線も点灯しているようだ。この機能の為にだろうか、個人設定で肌の色合いを設定する画面が表示される。

入院中に「血中酸素濃度」も計測する。小さな機械で少しの時間、指を挟むだけで血液中の酸素飽和度が計測できる。これも不思議でベッドの上でネットを調べたらLEDを利用した計測方法だ。

まだ興味深い機能は多数ある。

ブレスレットの留め方が操作しにくい。普通の時計バンドのようなものだと部品数が多くなりコストがかかるので一体成型のようなベルトである。

充電する時にはベルトを外してUSBソケットに直接挿す方式である。ベルトを外す時にUSBソケットへの挿す部分が壊れないか心配になる。

このスマートウォッチの耐久性や電池がいつまで持つか判らないが、壊れて別のスマートウォッチを購入することになったら、上記の2点が違う形式の製品を購入するだろう。機能的にはプラス血中酸素濃度かな。それでも4,000円しない製品が多数あるようだ。

医療で使用する機器ではないので、表示される数値は参考程度に捉えるのが、これらの機器の使い方だろうと考えている。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年04月24日 | コメント (0)

2017年11月19日

スリープが良くない

起動しなくなったとの連絡。

電源ランプは点灯する。ディスプレイの電源はオンになっているが何も表示されない。BIOS画面も表示されないらしい。メモリか、CPUか、マザーか?お伺いします。

到着してPCを確認すると電源ランプは点灯、ファンは回転している。ディスプレイの電源ランプはオレンジ色のまま変わらず。シグナルが来ると緑色に点灯するのだが。

こちらのお客様へは3年振りにお伺いした。K.T.Servicesの自作支援で納品したPC。Windows7で納品したが、MicrosoftのWindows10攻勢に押されてWindows10に無料アップデートした。

発生した状況は、スリープになっていたのでいつものようにマウスを動かしたが復帰しなかった。それで電源スイッチの長押しでシャットダウン、電源オンで起動させようとしたが、起動してこない。

ディスプレイにも何も表示されないし、シグナルを受信した時のように電源ランプも緑色にならない。数度繰り返したが事態は好転しないので連絡してきた。

ディスプレイの故障も考えられるので、HDMIケーブルでTVに接続してみる。同じ操作をしてみてもTVには何も表示されない。ディスプレイの故障ではないようだ。2回ほど繰り返してみる。

PCのリセットボタンを押してみる。TVにディスプレイの内容が表示され始める。HDDのアクセスランプが先程とは異なり激しく点滅している。先程は電源オンにした後、HDDアクセスランプは少ししか点滅しなかった。

PCはリセットボタンを押したことにより、正常に起動した。HDMIケーブルをTVからはずして、本来のディスプレにDVIケーブルを接続すると、ディスプレイの電源ランプは緑色に変わりWindowsが表示された。

その後、再起動を繰り返してみても、スリープが発生する状況を作り出しても、同じようなトラブルは発生しない。

その後JWordを停止したり、GooglePhotoの案内が出るのを停止したり、Chromeを起動すると意図しないタブが開くので、それを停止したりで何回も再起動したが、やはりトラブルは発生しない。

原因は判明しないが推測すると

スリープする時に変な状況(トラブルが発生する状況)が発生し、スリープのためにその状態をHDDに保存した。トラブルが発生している状況が保存されているので、マウスを動かしても、トラブルの状況が再現されるだけ。

電源スイッチの長押しでシャットダウンさせて、電源オンしても、トラブルを含んだイメージから起動するので、そのトラブルの状況が再現されるだけ。

リセットボタンを押されたことにより、OS(Windows)がトラブルを含んだイメージからではなく、HDDから全てを初めからロードされたので正常起動した。

こう考えている。

当然、スリープの設定ははずした。私は自分のPCはスリープの設定していない。以前からWindowsはスリープの処理が下手くそであり、失敗することがあったと経験しているので。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2017年11月19日 | コメント (0)