2013年03月31日

LANアダプタ LGY-PCI-TXD

インターネットが接続されないとの事で。以前に「IPv6が邪魔した?」で治っていたと思っていたが。

一年後に再発したらしい。一年間は何も発生しなかったのに。前回はルータ異常なし。もう一台のPCを接続していて、そちらのPCに異常は発生しない。LANケーブルも別のケーブルで接続したが、それによる好転も悪化もなかった。IPv6のチェックをはずして接続されるようになったので、それが原因と考えていた。

再発したとの事で、残りはマザーボード上のLANポートの故障(インターミッテント:Intermittent:間欠性)が考えられるので、LANアダプタ(LGY-PCI-TXD)を持参してお伺いした。

再度、LANケーブルをLANテスターで確認するがエラーは発生しない。固定IPにして確認するが接続されない。LANポートを「無効」→「有効」にすると接続される。ドライバを最新にする→接続される。再起動→接続される。電源オフ/オン→接続される。

イベントログを確認すると「DHCPで受信したIPアドレスを書き込めない」エラーが発生していたので、LANポート上のメモリに不具合が発生している可能性が高い。お客様にお話してLANアダプタをマザーボード上のLANポートを使用するのではなく、持参したLANアダプタに変更することにする。

PCのOSはVistaでLANアダプタを挿して、自動的にインストールされるドライバを使用する。その後は再起動したり、電源オフ/オンしたりしたが不具合は発生しなかった。PC本体に内蔵されるLANポートが故障することは「ノートPCのLANポート」でも発生している。

PCにLANポートが内蔵されている事が普通になっていて、LANアダプタは売れないのだろうか近くのコジマでは最後の一枚だった。それでも1,000円もしない価格で販売されている。マザーボードの価格から比較すると高いと思われる価格だが。

LANが接続されなければPCも半分の価値しか無いかも。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2013年03月31日