2011年10月05日

Windows7 環境構築 (5:MotherとCPUとMemory)

Windows7で使用するMotherとCPUとMemory、これは最近購入したのではなく昨年(2010年)末にお客様用に購入したのだが、その時には使用しなくてストックとして持っていたものである。

最近のAMD系を購入するのであれば、CPUソケットFM1でUEFIを採用しているものを購入したい。当時としてはAM3ソケット、オンボード・グラフィック、USB3.0などが装備されていれば良いと考えていた。

MotherBoardはASUSの「M4A88TD-M/USB3」を選択した。AMDはCPUがIntelと比較して一般的に低価格である。オンボード・グラフィックはATIを擁しているので、性能が高めである。USB3.0はバックパネルである。MotherBoard上のピン・コネクタとして装備してあれば、後で使い回しがしやすいのだが。SATAは6.0Gbpsをサポートしている。購入したHDDもSATA 6.0Gbpsをサポートしている。

DisplayへのコネクタはHDMI、DVI、D-Subを装備しているので、どれでも接続可能である。勿論HDMI接続するのだが。WindowsXPで使用しているASUSの「M2A-VM HDMI」には装備されていなかった光デジタル出力(S/PDIF)が装備されている。パソコンとサラウンドシステムを接続したかったのだが、私の場合はこの光デジタルが最も簡単な接続方法である。

このMotherBoardに載せるCPUは「AMD Athlon Ⅱ X2 260」を購入しておいた。3.2GHz、45nm、65Wの仕様である。TDPが高いと熱を逃がすのに別のファンを購入したくなったりするのでTDPは低いのが好みである。それでいてクロック周波数は高いほうが良い。矛盾した要求のような気もするが。

Memoryは2GBx2で4GB。購入したのは「Walton Chaintech」の「APOGEE DDR3 Dual Channel Series」でDDRⅢ 10600が安かった。最近は4GBx2の8GBを購入しても、この時購入した価格よりも安い。まだ一年も経過していないのに。まあWindows7 64bitを使用しても4GBで足りないことは無いと考えている。

これでハードウェアは揃った。

Windows7 環境構築 (4:HDDとODD)
Windows7 環境構築 (3:電源ユニット)
Windows7 環境構築 (2:KVM)
Windows7 環境構築 (1:始動)

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2011年10月05日