2011年07月15日

Windows7 環境構築 (1:始動)

Windows8(と呼ばれる)がデモ披露されたりしているが、これによるとUIが激変するような感じがする。あれほど変化されると企業でのインストールは躊躇されるのではないだろうか。そうなるとWindowsXPのサポートが切れる頃にはWindows7がインストールされ、Windows7が、またWindowsXPのように長く使われるのではと思ってしまう。

そこで、私のPC環境もWindowsXPだけではなく、Windows7も環境を構築しておこう。アナログ放送が終了する間際になってから地デジ対応するよりも、少し前から準備して地デジによる恩恵を受けられるようにしておくのと同じか。世間の70%がWindows7になった時に、まだWindowsXPだけでは仕事上もまずい。

WindowsVistaやWindows7のPC自作支援代行も行っているので、Windows7の内容を知らないわけではない。ネット上の解説ページも読み解いている。しかし毎日使用しているのと、必要時だけ調査したりしているのとは自ずから違いが出てくる。

WindowsXPとWindows7の環境を並列で使用しようと考えている。現在使用しているよりも新しいマザーボード、CPU、メモリを、ある理由から所持しているので、それを使用することから始めようとした。

Cドライブは単独ドライブとしているので、それを新しいマザーボードに載せ替えて使用しようとした。これまでもお客様の環境でHDDだけを新しいマザーボードに載せ替えて正常に起動・機能するようにした経験があったので、今回もそれで対応しようとしたが、起動時にブルースクリーンになってしまう。ネットで検索したり、BIOSの設定を確認したりしたが、どうも上手くいかない。

それではPCを2台にすることに決定。以前使用していたPCケースがあるので、それにマザーボードを載せてWindows7だけの環境のPCを作成することにする。しかし、電源・電圧を調べたら5V、3.3Vが安定しない。そうだ、このPCケースは不調だったので、新しいPCケースを購入したのだった。あの時には電源が安定しないのか、マザーボードが不調なのか判明しなかったので、新しいPCケースに、新しいマザーボードを購入したのだった。

PCを2台にするから、キーボード、マウスもそれぞれ2台にする訳には行かない。机の上は限られた広さしか無いのだ。その為にはCPU切替器が必要になる。KVMと呼ばれているその機器に期待するのはキーボード、マウス、プリンタが切り替えられれば良いなと考えている。ディスプレイはHDMIが2本接続できるので、ディスプレイだけで切り替えが出来る。KVMのVideoの部分は不要である。KVMもHDMI接続可能なタイプは高価になる。

OSはWindows7 Professional x64にするつもりだ。Windows7で使用できなかったり、64ビットOSで使用できなかったりするソフトもあるだろうから、それへの対応も検討しなければならない。Officeも2010かな。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2011年07月15日