2020年07月29日

譜面台 購入

譜面台を購入した。

自粛生活が長引いてギターを再開したが、譜面を少し低いテーブルに置いて参考にしていた。

これまで譜面台は、自分の物ではない借り物を利用したことはある。

急に思い立った。譜面台を購入しようと。

Amazonを確認すると、そんなに高価ではないのから1万円超えまである。ギターの技術からして安価なもので充分だろう。

評価などを参考にする。色は黒で良いかな。収納袋がついているのが良いな。

その収納袋がこれ。

パートナーポイントを利用して15,00円程度が400円弱で購入できた。

Made In Chinaだが、持ち歩く予定もないし、頻繁に出し入れはしないだろう。

さて、実際に使用してみると譜面が見やすい。テーブルの上に置いているよりも目に近いからだろうか。

譜面台の手前(下)に鉛筆を置けるので、CDで聞いた音と、楽譜に記載されたコードが違うなと感じた時に、楽譜に正しいと思うコードを記入しやすい。

楽譜を抑えるバネ棒が付いているのも便利である。楽譜は本形式なので、一枚一枚の楽譜とは違いページが戻ろうとする。左側のバネ棒は、その曲の最初のページを抑え、右側のバネ棒はページをめくった時に、そのページを抑える。

普段は椅子に座ってギターを弾いている。まだ立ち上がって譜面台を使用してはいない。そんなに重量のある譜面台ではないので、屋外での風があるような時に、楽譜本を載せて充分に踏ん張れるような構造ではないだろう。楽譜が重くて倒れないか。

一つのことを始める、メインになる機械を購入すると、それに付随する小物を購入したくなる。洗濯機を購入すると周りのもの、トースターを購入すると周りのもの、そんな感じ。そして家の中には小物が増える。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2020年07月29日