2007年03月26日

PC自作支援・納品4

PC自作支援代行でご発注頂き、納品した。タイトルが「納品4」だが、別に4台目ではない。

納品先では配布資料やポスターを作成するのでA3が印刷できるプリンターも必要との事で、価格COMなどで評判を調べて「Canon PIXUS iX5000」を選択した。私は過去の経験からCanonを選択するケースがほとんどである。

Displayは上方写真のD-SUB、DVI-Dの2系統入力とスピーカ付きの「Mitsubishi RDT-1714VM」である。このような使いやすいDisplayをどうしてビジネスユースとして販売しているのであろう。コンシューマ向けとして販売した方がもっと売れると思うが。ケーブルはデジタル、アナログ両方が添付されているし、添付されている葉書を出すと、「PCリサイクルシール」が送られてきて廃棄時には無料になる。それらを考えると安い買い物である。直前の型番「RDT-1713VM」からは応答速度が8msから5msに高速化された。ベゼルも鋭角的になったので少し小さく見える。このシリーズをPC自作支援代行で納めてから3代目である。(RDT-1710VM、RDT-1713VM、RDT-1714VM)。I・O DATAの「LCD-A175VB」はこれのOEMだろうか、全く同じ顔をしている。それで三菱よりも高価だったりする。

共用PCなのと、事務所が学校内にあるので温度の高低差が激しいだろうからHDDが心配である。バックアップを取得できるように提案してそれが採用された。HDDを2台搭載してシャットダウン時にバックアップを取得する方法である。バックアップソフトは「DriveImage XML」で曜日毎に保存するフォルダを変更して最大7世代のバックアップを取得する。バックアップを開始したらディスプレイの電源をオフにして事務所の鍵をかけて帰りましょう。

OSはWindowsXP MediaCenterEditionである。07年03月15日までに購入し、03月末までに登録するとWindowsVista HomePremiumが送られてくるのであるから、OSを安価で2個購入したようなものである。使用される皆様はまだWindowsXPでしょうからまだそのままで使用してもらい、周囲の方々が新しいPCを購入してWindowsVistaのオペレーションに慣れてきたらWindowsVistaにアップグレードするのが順当な手順のように考えたので。アップグレード手続きも代行したが1,865円と振込料でWindowsVista HomePremiumが入手できる。

FDDはFA-404MB。イベントで写真を撮られて会報誌に載せるにはメモリカードリーダが必須であろう。しかもカメラは皆様がお持ちのカメラで撮られるので、特定のカメラ用のソフトだけをインストールしておく訳にも行かず、メモリカードを取り出してPCに挿せば全てのカメラの写真を読み取り出来るでしょう。

MicrosoftOfficeを購入すると少し値が張ってくるのでOpenOffice.orgをインストール。マクロを使用していないExcelや一般的なWordで作成された文書ならこれで処理できるでしょうが、会報誌などを見るとかなり細かなWordの表やクリップアートが挿入されているので、そのまま再現できるかが少し心配ですけど。

MicrosoftMouseでの全体像の表示や拡大鏡を見てもらったら好評だった。皆さんそろそろ細かい文字には近寄ったり離れたりしなければ難しくなっているのでクリックで拡大するのは便利である。

そこへ集まっていた方々が「私も作ってもらおうかな」とおっしゃっていただいて、嬉しい限りです。名刺をばら撒いて来ました。


http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2007年03月26日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ktservices3.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/141