2012年01月08日

復活! なんでもエコ印刷 Windows7 対応 フリー版

「なんでもエコ印刷フリー版」がWindows7に対応してくれた。

「Windos7環境構築 (6:OSとOffice)」「なんでもエコ印刷フリー版」がWindows7に対応していないと嘆いていたが、ひょんな事からWindows7に対応してくれていたことが判明した。

Windows7を使用してからプリンタのインクを節約するために、Canon Pixus iP4600のプリンタのプロパティで「基本設定」→「印刷設定」→「ユーザー設定」→「設定」→「品位」を高速側に移動させて、プリンタの基本機能でインク節約を実行していた。しかし確実に目に見えて節約されているなと感じるのは「なんでもエコ印刷フリー版」の方である。メーカの設定ではインクを使って欲しいだろうから、節約の程度が違うような気がする。

以前にもVectorの「なんでもエコ印刷フリー版」のページは見ていて、「Windows7の動作報告」でもインストール自体が蹴られたとの記述があった。今回、また同じページを見てみたら、表題が「なんでもエコ印刷 Windows7対応 フリー版」となっている。「Windows7 対応」との記述が入っている。ファイルの登録日付も「2011.12.26」となっていて、つい最近である。

「このソフトを今すぐダウンロード」から、ダウンロード・インストールを行う。インストーラで蹴られるのではないかと半信半疑だったが、インストールは正常に終了し、「デバイスとプリンター」の中には「なんでもエコ印刷 W7」のプリンタ・アイコンが作成されている。Windows7対応を示す「W7」がクッキリ・鮮やかに輝いている。(輝いてはいないけど)

「なんでもエコ印刷 W7」のアイコンから「プリンターのプロパティ」→「基本設定」→「印刷設定」→「ページ設定」の「使用するプリンタ」に「Canon Inkjet iP4600 series」を選択。「印刷設定」→「基本設定」の「インク節約」で「インク節約を有効にします。」にチェック。「適用範囲」の「全ページ」にチェック。「インクの節約率」を「50%」に設定。「印刷を実行したらなんでもエコ印刷を終了する。」にチェック。これで「適用」を押下。

「なんでもエコ印刷 W7」を「通常使うプリンターに設定」。「Canon Inkjet iP4600 series」の「印刷品位」を通常に戻す。これで2枚ほど印刷してみる。地図を印刷してみると、乾いたような感じで薄めに印刷された。文字もドット数が少ない感じで印刷される。「なんでもエコ印刷フリー版」の印刷が蘇った。「プリンタインク」の節約も含めてWindowsXPで使用していた環境が戻ってきた。一時はソフトの購入も検討したが。

IT経費の節約も重要事項です。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2012年01月08日