2010年04月06日

GPS GT-730FL-S (1)

GPSドングル データロガーを購入した。

電子地図ソフトは「プロアトラス」を何度かバージョンアップして使用している。見知らぬ地域へ行く時には、駅からの地図を何枚か印刷して持参する。ポケットから紙を取り出すと簡単に確認できる。

そのうち、携帯電話にGPS機能が付加されたり、iPhoneで現在位置を簡単に確認できる環境ができてきたが、私の携帯電話は何年も使い続けているし、iPhoneを購入するにはランニングコストが、、、。

「プロアトラス」にはGPS機能があるので、GPS受信機を購入したいなと考えていたが、Impressの「ケータイWatch」に秋葉原の秋月電子通商で4,000円のGPSデータロガーを販売している情報を得た。これまでのGPS受信機やロガーに比較すると格安である。「プロアトラス」でも動作確認できているらしい。

鶯谷で法人案件の仕事があったときに、少し足を伸ばして秋葉原の秋月電子通商で購入してきた。値下がりしていて3,800円であった。直前に調べていなかったので秋月電子通商か千石電商か忘れてしまっていた。GPSが二つ並んでいて片方は3,000円であった。後で調べると、それは電池が内蔵されていない以前のタイプだった。

製品はCanmoreのGT-730FL-S。フックに下がるような箱に「本体」「ソフトCD」「ネックストラップ」「一枚の簡単な英語の説明書」が入っている。

GPSについては全く知識がない。USB接続だがCOMポートで接続するくらいの知識である。説明書にはドライバをインストールしてから接続するように記述してある。その前に本体の充電も必要である。コンセントUSB-ACアダプタでしばらく充電させる。充電中は本体に黄色のLEDが点灯する。

GT-730FL-Sを接続してCOMポート番号を確認する。「プロアトラス」を起動してGPS機能で確認するが「信号がありません」と表示される。「プロアトラス」はボーレートが最高9600までしか設定できない。GT-730FL-Sは出荷時が38400bpsに設定されているらしい。これを変更しなければならない。秋月電子通商のFAQページを確認すると「設定用ソフトウェア GPS Viewer」がダウンロード可能になっている。

「GPS Viewer」とあるが解凍・起動すると「SkyTraq」という名のプログラムである。これで本体のSRAMを書き換えなければならない。下位互換とは行かなくてボーレートを揃えなければならない。再度「プロアトラス」との接続を試みるが今度は場所(現在地にカーソル)を表示しない。青のLEDが点灯しているのでGPSを捕捉していないらしい。

GT-730FL-Sを電源オンにして、ベランダに置いてある椅子の上に15分ほど放置プレーする。見ると青のLEDが点滅している。GPSを捕捉したらしい。再々度「プロアトラス」との接続を試みる。今度は現在地のカーソルも表示され、地図も正確に我家の場所を表示している。

まだGT-730FL-Sを連れ出して、ロガー機能を確認していないがネットで調べると、色々楽しんでいる先人たちがブログなどで紹介している。楽しめそうである。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2010年04月06日