2006年03月03日

AccessのHyperlink(1)

MicrosoftのAccessで顧客管理データベースを作成する。
当然、顧客のHP(Home Page、Webページ)もその中の管理対象とする。
顧客先へ伺う時にはWebページの最新状況をチェックする。話の糸口になる時もある。

Accessでそのフィールドを「ハイパーリンク型」にしておいて、そのフィールドの内容をクリックすれば規定のBrowserが開いてくれる。しかし他のUser Interfaceと同様にボタンをクリックして動作を行わせたい。

(01)URLを記入するテーブルのフィールド(URL)は「テキスト型」にする。Defaultの長さの50バイトでは短い場合があるので長めの設定に変更する。
(02)フォームの、そのフィールドを表示する直前にボタン(Webpage)を設置する。TopにあるJPGのような感じ。
(03)そのボタン(Webpage)に「イベント プロシージャ」を作成する。
(04)EventProcedure内容
  Me!Webpage.HyperlinkAddress = ""
  If IsNull(Me!URL) Then
   Beep
   MsgBox("会社URLが入力されていません")
   Cancel = True
   Exit Sub
   End If
  Me!Webpage.HyperlinkAddress = Me!URL
(05)既定のBrowserでフィールド(URL)に記入されたURLが開く。

他のプログラムと連携させるのが楽しいですね。

(2006/03/04)そもそもURLが入っていなかったらボタン(WebPage)を押せないようにして表示する。
「レコード移動時(Form_Current)」のEventProcedureとして記述する。

   If IsNull(Me!URL) Then
    Me!WebPage.Enabled = False
    Else
    Me!WebPage.Enabled = True
    End If

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2006年03月03日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ktservices3.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/40