2021年11月04日

マウス 購入

マウスを新調した。

WindowsXPを使用していた頃にはMicrosoftのInteliMouse Explorerを好んで使用してた。長い期間使用していると持ち手がベトベトになる不具合がでるようになった。2台くらい使用したが、その後発売されなくなった。

ロジクールのマラソンマウスも形状は似ているもので、電池の長寿命が魅力で使用し始めた。しかし年数を経ると電池は長寿命ではなくなってきた。

マウスも消耗品と考えるようになり、高価格の製品ではなく、廉価品を買い換える使い方が良いと思い、やはり電池の長寿命を謳う無名の廉価品を使ってきたが、チャタリングが発生したりするので、3台程度で終了。

それで、1,000円よりも高くて、数千円もしないマウスなら、その中間程度の性能かなと買い換えることにした。

バッファローのHUBを使用していた時に発熱問題で、メーカに問い合わせたが該当品ではないので、発熱しても問題ないとの回答だった。

バッファローの無線ルータを現在も使用しているが、解説書(マニュアル)の書き方や、構成がどうも私の好みに合わない、のでバッファローの製品はいまいち選択から外れる。

それではと選んだのがELECOMのM-XGM10DBBK/EC。Amazonでは廉価な部類だと思う。

Amazonからは本日到着予定の連絡があったが、昼過ぎに諸般の事情により1-2日程度遅れるとのメール。しかし夕方には再度、本日到着予定の連絡。最終的には18:00頃に商品が到着。

購入したのはサイズ「M」だったが、操作した感じでは「L」の方が良かったかも。

ボタンにはOMRON製スイッチを使用しているらしい。これまで使用したマラソンマウスもOMRON製スイッチらしい記事を見つけたが、このELECOMのスイッチの感触は初めてのような気がする。

廉価版のマウスにはドライバーや設定ソフトは付属しないが、「エレコムマウスアシスト」のソフトがダウンロードできる。大まかに言えば左右のボタンの設定が変更できるソフト。

新しい製品を使用し始めた嬉しさからか、今までとは違うマウス、クリックが違う、滑りが違う。照会ページによると電池はかなりな長寿命設で、電池一本で二年間近く持つらしい。カレンダーにつけておいて確認します。

「戻る」ボタンは、もう少し出っ張ってたほうが私は使いやすいかな。

直前に使用していたマウスで、エクスプローラの右クリックをすると数十秒待たされるような事象が発生していたので、Windowsの変更によりこんなことになったのかなと思っていたが、このマウスにしてからはスンナリ表示される。

マウスによって、こんな事があるんだと考えさせられる。

気分を一新するのにマウスの「ポインター」の色を変更した。

これで、しばらく気持ちよく使えるように願う。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2021年11月04日