2019年06月01日

既存PCのWindows10化

Windows7のサポート終了を来年度初頭に控え、既存PCをWindows10にするご依頼。

現在のPCの状況を再確認すると

CPUはPentiumD915でWindowsXPの時代に購入し、Windows7に延命していた。

マザーボードはASRock 775I945GZで、メモリは2GBでMAXを搭載している。Windows10で2GBでは足りない。SATAは「2」で転送速度が3Gbpsまでしかでない。SSDを接続しても速度が出ない。

お客様へは、現行機器ではWindows10はまともに動かないことを説明して、マザーボード、CPU、メモリ、SSD、OSを購入することを提案して、了解を得る。

残ったのは、ケース、電源、DVDドライブを既存のまま使用する。

購入したマザーボードはASRock A320M-HDV R4.0。使用するのはネット、メール、WORDが主なので重いソフトが動くわけではない。

CPUはAMD Ryzen 3 2200G。以前のCPUはTDP95Wで電源オンと同時にCPUファンが爆音状態だった。それでTDP65Wの、軽い作業には支障のないスピードが出る、このCPUに決定。

メモリは4GBx2で8GB。ゲームをするわけではないので16GBは不要だろう。

OSはWindows10 Home 64bit。これまではWindowsXPの流れとメモリが2GBだったこともあり、Windows7 32bitを使用していた。

Windows7でのCドライブ使用状況は97GB。5年間での使用。このドライブはWindows10にしても使用することにして、256GBのSSDを購入。2.5インチのSSDも5,000円を切る価格になってきているので、最近のPCの高速化を体験していただく。

さて当日PC内部の機器を交換していて、マズイ。DVDドライブがIDE接続だった。マザーボードにはIDEコネクタが装備されていない。このままではWindows10をインストールできない。メディアがDVDなので。

お客様の車でビックカメラへ内蔵DVDドライブを購入しに行く。値の張る部品でなくて良かった。

Windows10のDVDは1809まで入ったもので、DSP版も進化しているんだ。

メーラはWindows Liveメールを使用していたので、サポート終了に伴いThunderbirdに変更することを了解していただく。画面構成もそんなに変わらない。

移行用のアドオン「ImportExport Tools」で、設定とアドレス帳は問題なく移行できるが、メール内容の移行では「Liveメール」が選択肢に出てこない。出来ないこともあるのか。

私のWindows10インストール手順に従い、必要なフリーソフトや管理用のソフトもインストールする。以前からLibreOfficeを使用しているとの事で、インストールして過去に作成した文書を開いて正常動作することを確認。

Displayドライバ、プリンタドライバ、LANドライバ、サウンドドライバなどは自動でインストールされた。

WindowsXPインストール当初から使用しているマウスの右クリックが効かないのと、チャタリングが発生しているので、最近、自分、お客様用に手配している安いが使い物になるQtuo 2.4Gのマウスを購入して、持参することにする。

その時に、細かい調整しきれていない設定や確認を行うこととする。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2019年06月01日