2015年05月10日

Reboot and Select Proper Boot Device

「Reboot and Select Proper Boot Device ~」のメッセージが出て起動しないとの事で。

その2日前に下記の内容で訪問したばかり。
J:COMから新しいサービス内容の連絡があり、セットトップボックス(STB)の変更。料金の追加が無くネットスピードが早くなるとのことでケーブルモデムの変更、ドメイン名変更に伴い一年以内にメーラ設定の変更依頼。

この内、STBに接続する録画用のUSB接続HDDを購入するのと、メーラ設定の変更にお伺いした。

STBの説明書を読むとHDDは2TBまでは接続可能なようで、それ以上の容量については言及していないので安全を見込んで2TBのHDDを購入することにする。近くのケーズデンキに向かい展示してあるHDDを物色。

Seagateブランドが付いた「ELECOM SGD-EX020UBK」が1万円を切っているので、他と比較してもこれがお買い得。周辺機器メーカの外付けHDDはWesternDigitalやSeagateなどのどのHDDが入っているかは購入してみないと判らないが、これは明確にSeagateのHDDが内蔵されていることが判る。

帰宅してからSTBに接続し、フォーマットを済ませて録画の設定をしておいてメーラ設定を行う。

使用しているメーラはWindows Liveメール。現行のメールIDは約1年間使用可能なので、ドメイン名を変更したメールIDは追加設定し、それを既定のアカウントとする。メールIDの設定内容の紙片も届いているが、これにはサーバのセキュリティ設定についての記述がない。2~3度エラーを起こして設定し直す。

J:COMから最初に与えられるメールIDは数字の羅列の味気ないもので、これはJ:COMからの連絡用に使用するので変更しないようにとの注意書き。人間味のあるメールIDは追加で5件設定できる中に新たに追加設定。

これから一年間は2つのメールIDを受信することになる。現在使用しているメールIDにメッセージルールで、新しいメールIDのフォルダに移動する設定を行う。携帯電話やスマホへの送受信テストを行い、メールの受発信が出来ることを確認。

再起動、電源オフ/オンを行い設定が正しく機能することも確認。STBに接続したHDDで録画したTVが再生されることを確認。

さて、その2日後に上記のメッセージが出力されて起動しないらしい。私の作業としてはHDDの基幹に関する操作や、物理的な取り外しなどは行っていないので、たまたまだと思われる。

お伺いしてメッセージを確認。BIOSを起動して起動デバイスがHDDになっているかを確認すると、HDDとしては認識しているが型番が表示されていない。OSのインストールDVDを起動して、修復できるかを確認するが、HDDが表示されない。ケースを開けてHDDに触れてみても回転している感触が無い。小刻みな振動を感じるものだが全く感じない。

HDDを外して電源を入れても遠心力を感じない。回転していて手持ちしていると遠心力を感じられるものだが、それも無い。駄目かな-。USBケーブルで持参したノートPCに接続してみる。オヤッ、少し振動が感じられる。ノートPCでも外付けHDDとして認識してExplorerで表示しようとしている。

長い時間を要したがHDDは認識した。これは脈が出て来た。

USBケーブルを外して、HDDをPCに搭載する。BIOSで起動デバイスを確認。HDDは認識され型番が表示されている。HDDから起動する。

無事にWindows7が起動された。先日設定したメールの設定も消えていなくて、到着したばかりのメールも正しくルールに則り、選択されたフォルダに移動される。

これで再起動、電源オフ/オンを行い正常に起動することを確認。これは近いうちに再発する可能性が高いので、それのご説明をする。バックアップシステムを取り入れましょう。

作業が済んだ後、一杯頂き、お土産も頂き、バックアップシステムの採用もご予約頂き。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2015年05月10日