2007年09月19日

プロアトラスSV3とGoogleMapの併用

顧客管理DBでGoogleMapを使用するようになってから少し経っている。

上図では両方とも同じ場所を指し示しているが、市町村合併などで住居表示が新しくなったところは差異が出る場合がある。私が保持している住所では、これまでGoogleで表示される地図が合っていない場合が多い。(ZENRINさん、頑張ってください!)

最近は顧客管理DBには「プロアトラスSV3」の位置情報を入れていないが、過去に登録したデータについては入っているので、これを活用して「プロアトラスSV3」も表示可能にすることにした。

位置情報が入っている「テキスト・ボックス」にはハイパーリンクアドレス(HyperlinkAddress)を設定できないので、新しく位置情報の「テキスト・ボックス」の隣に小さな「コマンド・ボタン」を作成する。位置情報が入っていたら、その「コマンド・ボタン」を Enabled = True にする。入っていなかったら Enabled = False である。

HyperlinkAddressへのセットはこれまでと同様である。GoogleMapの場合は地図表示用の「コマンド・ボタン」へWebのURLをセット、プロアトラスSV3の場合はプログラムのインストール場所をセット。これでボタンを押せばそのURLが開くか、「プロアトラスSV3」の該当場所が開く。

今後はGoogleMapで開いて見た時に、訪問した場所と違っている(保持している住所と違う住所が表示された)場合は、「プロアトラスSV3」の位置情報を取得してデータベースに登録することにしようと考えている。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2007年09月19日