2007年05月13日

svchost.exeが100%

Microsoft Updateのトラブルに巻き込まれてしまった。

この2~3日、IT系のサイトで発表されているが、こちらによるとずいぶん以前から問題になっていたらしい。

そういえばメインのPCの起動時の動きが怪しい、起動時にカーソルの動きが非常に遅くなる。これらの記事に書かれていたように起動時にすぐタスクマネージャを起動して、CPU占有率順に並べてみると「svchost.exe」が「System Idle Process」と同じ程度の占有率である。記事にあるのはDual Core ProcessorやHyperthreadのCPUでないものは100%になると言う意味であろう。私のCPUはHyperthreadになっているので100%にはならなかった。

それで記事にある対応を採った。
(1)KB927891をダウンロードしてインストールした。
その後リブートして確認したが、svchost.exeが50%程度占有しているのに変化は無い。それでは
(2)「Windows Update Agent 3.0」をダウンロードしてインストールした。
その後リブートして再確認したら、svchost.exeは起動時直後は少しの時間高いCPU占有率を示すが、その後落ち着く。以前のように長い時間ではない。

ノートPCはWindowsXP-ProではなくWindowsXP-Homeで、同じようにOffice2003がインストールされてるが同様な現象は発生していない。私の場合は解決したようだが、これらをインストールしても解決しない場合もあるらしい。

Windows Updateも少し注意が必要かな。こちらのサイトは参考になりました。

(2007/05/18)@ITでも対応方法が掲載されました。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2007年05月13日