2006年12月29日

アクティブ・デスクトップ

先輩方と呑んでいた時の話でWindowsXPについて質問された。

タスク・バー上に現在開いているアプリケーションが居なくなるらしい。コピペ等がしにくくて困っているらしい。私は遭遇したことも、読んだことも、聞いたこともなかったのでその時は答えられなかった。インターネットで探してみましたかと聞いたが、呑んでいたので話は違う方向に向かっていた。

翌日、インターネットで探してみたら同じような経験をされている方がブログに書いていて、「窓の手」で「タスクバーのツールバーを無効にして再起動」「前記のチェックをはずす」で元に戻ったらしい。RegEditでも同じことが出来るだろうが「窓の手」が簡単である。質問された方へURLなどを記述してメールをお送りした。きっと直るでしょう。
(2007/01/04)直ったとのメールがありました。

さて、自分のデスクトップにも少し問題があった。エクスプローラを開いてフォルダを深く見ていくと壁紙が無い状態になってしまう。極たまに「アクティブデスクトップの修復」が出る。自分ではアクティブデスクトップにした覚えは無い。「リモートアシスタンス」のテストを行ってから、その後このようになったと考えている。Windows2000を使用していた頃にも「リモートデスクトップ接続」を使用していて同じようになった経験がある。

「リモートアシスタンス」を実行すると「アクティブ・デスクトップ」になるとの確証は得られていないが、何かそんな気がする(そんなんでいいのかとも思うが)。メールを送る前に「窓の手」をダウンロードして操作を確認していたので、「窓の手」で「アクティブデスクトップを無効にする」をチェックして再起動。

エクスプローラを開いてフォルダを深く見ていっても、壁紙が無くなる状態は修復した。「画面のプロパティ」からも「Webタブ」は無くなっている。RegEditでも操作可能であるようだがやはり「窓の手」が簡単である。インターネット上には色んな経験が散りばめられていますね。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2006年12月29日