2009年03月06日

インターネット不通

大規模修繕工事の影響でインターネットが不通になった。

私が暮らすマンションは現在「大規模修繕工事」真っ最中である。ベランダに置いてある物は片付けなければならない。洗濯物をベランダに干すことができる日は工事との関係で限られている。かわいい「さくら草」も家の中だったり、ベランダだったり。

夕方、お客様へPCを納品して帰ってくると管理人室に、工事の監督と青い作業衣を着た若者が配電盤の扉を開いて覗き込んでいる。何かあったのかなと思いながら部屋に帰って、いつものようにPCの電源をオンにする。スタートアップに設定しているThunderbirdが「サーバに接続できなかった」旨のダイアログを出力した。

振り返り「RV-230NE」のランプの様子を確認すると、明らかに接続されていない状態のランプの点灯状態である。これは先ほどの管理人室の作業と関係があるなと思ったが、オフラインでできる作業をしようと、とりかかっては見たがすぐにインターネットが必要になってしまう。エレベータで降りて管理人室へ向かった。どうしたのかを聞くと「廊下など共用部分の電灯がつかない」ので対応しているらしい。私が「インターネットも電話も使用できない」事を伝えると、そこまでは気が回っていなかったらしい。

共用部分の電灯は室外の明るさにより自動的に点灯・消灯するようになっているが、マンションが上の写真のようにスクリーンで覆われているため、そのセンサー部分も暗い部分に入ってしまい共用部分の電灯が常時点灯状態になってしまったのだ。その対応をするためにセンサー部分をスクリーンの外側に一時的に出す仮設工事を行ったが、その時に事故は発生したらしい。

青い作業衣の若者が検電テスタで各所を触れている。工事の監督にNTTの設備を指して、これが通電しないとインターネットがつながらない話を伝える。部屋に戻りルータのログを確認したら約2時間前に接続が切れている。少ししてからまた管理人室へ行ってみると「原因が分かった」との事だ。

ガラス管ヒューズが真っ白になって切れている。ヒューズを確認していなかったのか。そういうこともあるかな。焦ってしまうと基本を忘れてしまう、このようなことが無いように基本をしっかりしなければと思った。近くの「安値世界一への挑戦 コジマ」へ行ったがガラス管ヒューズは置いていなかったらしい。工事の監督も、青い作業衣の若者もこの近くの住民ではないので、少し遠めのホームセンターに行こうとしたが、近くに別のホームセンターがあることを伝えて部屋に戻った。

しばらくして管理人室から内線で工事の監督から、教えてもらったホームセンターに行ったらガラス管ヒューズがあって、今交換した、ご迷惑をおかけしましたとの連絡があった。廊下もエントランスも電灯が点灯して、インターネットも電話も接続できるようになった。

インターネットが接続されないと少しの作業も出来ないような生活になってきている。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2009年03月06日