2017年07月14日

SoundPEATS Q12 購入

ネットで「ANKER SoundBuds Slim」がBluetoothのイヤホンで2,000円台で発売のニュースを見てから、Bluetoothでそんなに安価で購入できるんだ、しかも信頼の置けそうなANKERで。

Amazonで他の機種も含めて価格、機能を調べていたら「SoundPEATS Q12」がベストセラーの記述がある。価格もそんなに高くなく、3,000円を切っている。ネットでレビュー記事をたくさん読むが、ほとんどが似た内容で、構成も同じような感じである。ANKERの方も、発売されたばかりでSoundPEATSに比較すると記事数は少ないが、甲乙付けがたいような内容である。

ANKERの方が連続再生時間が1時間長い。両方共防水機能が装備されている。コントローラは形も機能も同じようだ。基本的な機能はほぼ似たような感じである。SoundPEATSはキシメンケーブル。

しかし、SoundPEATS Q12は「aptx」に対応している。「aptx」を体感している訳ではないが、スペックだけを読み取ると「aptx」に対応していたほうが音が良さそうである。それが500円程度の差に現れているのだろうか。

仕事で片道2時間程度の距離を移動しなければならない予定があったので、それに合わせて購入しようかなと考えていた。が、Amazonプライムデーがすぐにあるので、購入しようと決めたSoundPEATS Q12ももしかしたら安くなる可能性があると考えてターゲットはAmazonプライムデーに絞った。

案の定、800円近く値下がりし、2,087円になった。Amazonプライム無料体験を使って、ポチッとする。

商品が到着して開封して、早速ペアリングを行う。SoundPEATS Q12はフル充電ではないかも知れないが、充電はされている状態なのでペアリングや試聴するには問題なく出来た。

その音を聞いて、この価格でこの音を出すのかと驚いた。これまではスマホに添付されていたイヤホンで聴いていた。自分に合うように聴こうとすると、ボリュームをある程度上げて、イヤホンを少し強めに耳に押し入れていた。それでも明瞭さや低音が足りないと感じていた。

音源はCDからだが、リッピングの仕方で音質が良くないのかなと思っていた。しかしこのイヤホンで聴いたら、そうではなかった。リッピングはうまく出来ていた。イヤホンが良くなかったのである。セパレーションも低音も自分好みに聴こえる。

3,000円弱のイヤホンでこんなに良い音で聴こえるのならば、20,000円もするイヤホンはこの7倍も良い音で聴こえるのだろうか、音源や再生機が同じならば限界は有るだろうけど。

無線は便利だ。狭い部屋だが、スマホを居間のテーブルに置いて台所に行っても、トイレに行っても音楽はイヤホンから流れている。トイレのドアを閉めると少し遅延が発生したりするが。

連続して6時間も音楽を聞き流している事はないだろうが、イヤホンの充電が切れたら以前購入したANKERのモバイルバッテリー「ANKER PowerCore 13000」で充電できる。今回はANKERのイヤホンは購入しなかったが、ANKERのモバイルバッテリーが電源の重要な位置を占めてくるのかな。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2017年07月14日