2016年10月25日

Win10で無線接続せず

Windows10にしたらインターネットが接続されないとの事で。

記事にはしていないが、少し前にもWindows10にしたらインターネットが接続されないとの事で別のお客様からコールがあった。そのお客様はサポートに連絡して修復しようとした。無線ルータのパスフレーズが入力されていない事まで辿り着いたが、何度入力しても接続されなかったらしい。お伺いしてパスフレーズを入力して接続されるようになった。

今回も同じような症状かな。しかしWindows10にしてからと言っても7月末にWindows10にしてそれから2ヶ月半使用していなかったのだろうか。Windows10にしたことで安心して何も確認しなかったのだろうか、簡単なことならスマホで調べられる時代だからPCに重点が置かれていないのだろう。

お伺いすると「無線ルータがパスワードを求めている」らしい。何でそんなものをInternetExplorerが必要とするのだろう。無線ルータはBuffaloの「WZR2-G300N」で、何年も使用している。

スマホの「Wifi Analyzer」で無線電波状況を確認すると、無線ルータのSSIDの電波が一番強い状況で表示される。無線ルータから電波は発生している。

こちらのお客様は無線ルータをブリッジモードではなく、ルータモードで使用している。別にNTTのルータがあるのだが。少し使用方法が独特な設定になっている。

無線ルータに入ってみるとプロバイダ名などが入力されていない状態になっている。お客様のISPはNiftyなので、「Niftyから来ている資料を出して下さい」と依頼したら、案外すぐに出て来た。それに従って「接続先ユーザ名」「接続先パスワード」を入力する。

InternetExplorerを起動し直すとインターネットは接続された。お客様はNiftyからの資料に赤で「重要」と記入して収納した。

これは、どう見てもWindows10に更新したことによるトラブルとは思えない。Windows10が無線ルータ内の設定を削除するとは考えられない。Windows10とは関係のない事象により無線ルータ内の設定が消えたとしか考えられない。

お客様に停電などが無かったかを伺うと、停電は無かったがブレーカを断した事があったとのこと。それで無線ルータ内の設定が消えるとは考えにくいが、もしかしたらそれかも知れない。

PCの電源オフ/オンを行いインターネットが接続することを確認。無線ルータの電源オフ/オンを行いインターネットが接続することを確認。電源オフで無線ルータ内の設定は消えなかった。

更新した後に、それらに関する影響がないかを確認しておくことは重要ですね。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2016年10月25日 | コメント (0)