2015年02月13日

ノートPC購入・納品

お客様が営業時に携帯するPCを決めかねていた。上位会社の担当者は「Surface Pro 3」が良いのではと薦められていたらしい。しかし漏れなくWindows8.1である。またノートパソコン並みの容量を検討すると17万円程度になってしまう。

SurfaceとノートPCの違いは「キーボードを取り外せるか(付けられるか)」「画面をタッチして操作する」かどうかであろう。営業時にお客様に画面をタッチしていただかなければ商談が進まなくなることはないらしい。文字を入力するのであれば、初めからキーボードが付いていたほうが便利である。その度に付けたり、外したりする必要がない。キーボードは別料金である。最近のMicrosoftの迷走ぶりを見ると、いつ「辞めた!」と放り出されかねない。

検討して頂いた結果、ノートPCを購入することにした。営業時に持ち歩くので、ある程度軽く、ある程度の性能が有り、ある程度安価であること。提示された金額では「レッツノート」を購入はできない。「レッツノート」を購入したら「Surface Pro 3」と価格が変わらなくなってしまうけど。

そうなると「BTO」で販売している機器を選択する。それも秋葉原系のBTOとする。調べると液晶サイズが小さめな13インチ程度のノートPCは「マウスコンピュータ」でしか見つけられなかった。選択機能は「Windows7Pro」「HDDではなくSSD」車移動ではないので「比較的軽量」なノートPCとする。

選択したのは「LB-J300B-SSD」。カスタマイズは「Windows7HomePremium→Windows7Pro」「SSD128BG→SSD256GB」。SSDが128BGでは容量的に心許ない。持ち歩くのでHDDでは危ないのでSSDにする。電源オンのまま持ち歩く可能性もあるようなので。

まずはWindowsUpdateを繰り返し、OSを最新状態にする。その後、私が管理に必要なソフトをインストールしたり設定の変更。業務に必要なソフトをインストール。この状態で持参する。DVDドライブは搭載していないので、外付けのDVDドライブも持参する。PrinterDriverをインストール。前回、別に購入していたOffice2014は2台のPCにインストール可能なのでOfficeをインストール。この為にOfficeは別に購入していた、次のPCにもインストールできるように。

Outlookを設定する。この設定はお客様のスマホにも設定しているのでスマホでもブラウザからメールの確認は可能である。モバイル環境の準備も整ってきている。

購入したノートPCをお客様先でネットに接続して使用する時にはとの事で、スマホを確認したらテザリングが可能であるので、その設定方法と使用方法を説明。実際に接続して確認する。思いのほかサクサク動く。ネットに接続する頻度にもよるが、モバイルルータを購入するよりもトータルコストは抑えられるのではないだろうか。

営業に出かける準備は出来たので、これでたくさん儲けて下さいヨ。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2015年02月13日 | コメント (0)