2014年05月18日

WindowsXPからWindows7へ(その3)

これまでは富士通のFMV-NB16CAをお使いで、少なくとも10年はご使用のWindowsXP。ご要望はUI(UserInterface)の変更が少ないWindows7。このPCをWindows7で使用するのは無理があるので新規にPCを購入することを検討。これまで富士通をお使いだったこともあり、富士通でOfficeが付いて10万円以内。それでは私のギャラも出ないし、富士通製でOfficeが付いてCPUがCeleronではないもので10万円以内は無理。

富士通でなければダメであればお話は無かったことに。富士通のロゴが必要なら10万円オーバを検討していただかないと。私の見積と現行機との機能比較をご提示。
CPU:AMD Mobile Athlon 1600+  →  Intel Core i3-4000M
Memory:256MB  →  4GB(16倍)
Display:1024x768dot(14.1インチ)  →  1366x768dot(15.6インチ)
HDD:40GB  →  320GB(8倍)
ODD:DVD-ROM  →  SuperMulti
無線LAN:無  →  内蔵
MODEM:有  →  無
Office:OfficeXP Personal  →  Office2013Personal
無線LAN親機購入
この見積でご了承頂いて、PCを準備。

PCはBTOのCriteaDX4を発注。カスタマイズでOffice2013Personalを設定。安心の為に少し高いが2年延長保証を設定。15ヶ月間無料のマカフィーは不要。その時に解約するのも手間が掛かるし、忘れがちになり高いものになってしまう。MSE(MicrosoftSecurityEssentials)でセキュリティは確保する。

無線LAN親機は、その頃に手頃な価格で手に入れられたNEC AtermWR8165N。安くて機能は普通なので近くのコジマでも一番人気らしい。

PCが到着してから、MSEをインストール。WindowsUpdateを何度も確認させて最新状態に。無線LAN親機と接続確認させる。私がPC納品時にインストールするフリーのプログラムをダウンロード、インストール。IEも11をインストール。IEに不具合が発生するとインターネットに接続する手段が無くなるのでGoogleChromeも必ずインストール。先日も実際にIEのセキュリティ問題で日米の政府機関でもIEを使わないように警告が出たりして、Mircorsoftも慌ててサポート期限が切れたWindowsXP用にもUpdateを配布した。現地でしか出来ない作業はPCを持参した時に。

PCを持参して、Windows転送ツールでWindowsXPからデータを移行。私の経験だがWindowsXP側のWindowsLiveメールのアドレス帳が、Windows7側のWindowsLiveメールにうまく転送されない時がある。私の周りだけに発生しているのだろうか。WindowsXPを潰さない移行はまだアドレス帳が取得できるので問題はない。手間は増える。

これまでCATVモデムから有線で接続していたが、無線LANになってケーブルが電源ケーブルだけになったことで喜んでもいただけた。2階でも息子さんが有線LANだったが、無線LAN接続にしてもYouTubeも途切れずに見られるとおっしゃっていた。

移行したデータに漏れが無いことが確認できましたら、HDDからのデータ漏洩を防ぐためにHDDの破壊とPCの処分方法についてお伺い致します。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2014年05月18日 | コメント (0)