2007年12月24日

修理依頼代行

「起動しなくなった」と言って送られてきたPCはNEC LaVie PC-LL500AD9K

実際は起動しなくなったのではなく、起動するがキーボードが効かなくなってしまっていた。タッチパッドは問題なく動作する。入力できるキーは「A」「S」「Q」「W」の4つだけ。

USB接続のキーボードを挿して動作確認をするが問題ない。バッテリーをしばらくはずして様子を見るが状況は改善しなかった。ウイルスチェックを行ってみても何もない。インターネットに接続した様子も無いので当然の結果か。HDDの交換であれば修理可能であるが、この現象ではメーカ修理行きであろう。

他に変な現象は出ていないので、キーボードの修理であれば21,000円で直るのではないかと依頼主に相談したら、姪御さんのPCで確認してから連絡をもらうことにした。

21,000円程度であれば修理するとの事で、NECに連絡を取り佐川急便の「PCあんしん便」で集荷してもらった。これは荷造りの手間がかからず便利である。中には「HDDフォーマット NG」とかを記載した書面を入れて。21,000円以上かかる場合は連絡をもらうことにした。

それから2日後、NECから電話があった。調べた結果「マザーボード交換、HDD交換が必要で、修理代金は81,000円になるので修理するか」の確認である。それは無理でしょう。とりあえず折り返し電話することにして、依頼主に連絡。当然キャンセルする。私のPCでもキャンセルしますよ。私のノートPCの新品購入価格よりも高い。

先ほどの「NECパソコン修理料金表」によると、マザーボード、HDDならそれぞれが5万円以上必要であるが、「5.複数個所修理」だから81,000円に値引きされたのだろうか。ネットで調べるとマザーボード交換で無料だったりする事もあるらしい。何で、リコールか。

修理キャンセルなので3,675円は必要となる。戻ってきたPCを見ると液晶ディスプレイは綺麗に清掃されていた。相変わらずキーボードは効かない。当たり前だ。私が何度もテストした結果ではHDDの不具合は感じられなかった。「納品書兼ご報告書」には「不定期に反応しなくなる」と書かれている。どんな現象が出たのだろうか。再度USBキーボードを接続して入力可能なことを確認する。

PCを持参して、依頼主と一緒にUSBキーボードを購入し文字入力を確認して終了。マザーボードが不具合なら、また別の症状が出てくるかもしれない。そうしたら新品を購入すれば。

私は自作のデスクトップPCをお勧めしますヨ。


http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2007年12月24日 | コメント (0)




2007年12月10日

Cドライブのスペース不足

Cドライブの残りスペースが少しになってきたそうである。

PCはSonyの「PCV-LX55/BP」でご家族でユーザを切り替えて使用されています。起動後に「ディスク領域不足」の警告ポップアップが出されています。調べると10MB程度しか空いていません。

Cドライブは14GB、Dドライブは60GBにパーティションが切られているのですが、Dドライブはほとんど使われていません。SonyさんはDドライブの使用方法についてマニュアル等でお客様に提示しているのでしょうか。一般的にプログラムはCドライブにインストールされるし、データを保存すると「マイ ドキュメント」があるCドライブに入る。それでDドライブはほとんど使用されないで空いているが「ディスク領域不足」が発生する。メーカ製のPCはこういうのが多い。

まずは「マイ ドキュメント」を家族全員分をDドライブに移動する。在宅の娘さんにパスワードを入れてもらいログインしてから移動する。

ページングファイル(Paging File)もDドライブに移動する。ダウンロード可能なプログラムをアンインストールして、再ダウンロードしてからDドライブに移動することも検討したが、フリーのプログラムはほとんど使用されていない。

インターネット・エクスプローラの「一時ファイル」もDドライブに変更する。

これでCドライブの空き領域が800~900MB程度になった。「ディスク領域不足」のポップアップは表示されないようになった。

以前に年賀状作成ソフトとして「年賀状大先生」を使用していたのだが、領域不足が発生してから「プログラムの追加と削除」で削除してしまった。購入した時のCDを探したが見つからないので今度は「筆ぐるめ」を購入した。筆ぐるめは私との電話のやりとりでDドライブにインストールした。「年賀状大先生」で作成した宛名データを復活したいが方法は無いかとの事で「筆ぐるめ」から読み込めないかを確認したが対象ソフトではない。

「年賀状大先生」のソフトはアンインストールされたが、データは残されていたので「年賀状大先生」のソフトがあればCSVとかで書き出せるのだろうが、それも出来ない。CDを探し出せたときの為にデータはバックアップで保存しておく。

根本的にはパーティションを切りなおせば、この問題は解決するのだが危険性を伴うので、HDDの内容をバックアップしたいが、その環境も無い。HDDをお預かりして私の環境でパーティションを切りなおすことは、年賀状の季節が終了してから再考してもらうことにした。

ご自宅に光を引いているのだが、これが妙に遅い。10Mbps程度しか出ていない。これはNTTに調べてもらったほうが良いことをお伝えする。私がご自宅で対応支援を行うことも可能ですとも。これではADSLとあまり変わらない程度の速度しか出ていない。

アンチウィルスソフトを何もインストールされていないので、「avast」をインストールして登録も済ませる。勿論Dドライブにインストール。でも少しずつCドライブも使われるのですけれども。


(2008/04/20)その後、HDDエラーになってしまいました。

(2009/04/16)Cドライブの容量を変更しました。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2007年12月10日 | コメント (0)




2007年12月08日

不審物を連絡した後

'07年11月28日新川で仕事があったので、北千住駅から07時51分発東武りょうもう3号に乗り込んだ。

全席指定で自分のチケットを確認して座席にすわった直後、隣の席にコートも着ていない30代(かな?)の人が私の隣の席に「紙袋」を置いて、ニヤリとして居なくなった。全席指定なので一人での旅行者はほどんど窓際の席を確保している。私が座っている車両もほとんど窓際しか座っていない。それなのに見ず知らずの人が隣に座る訳はないと考えられる。

西新井駅を過ぎても、その「紙袋」の持ち主は戻ってこない。この中には何が入っているのだろうか。例の「車内または駅構内で不審物を発見されましたら、乗務員または駅係員までお知らせください。」に該当するものではないのだろうか。頭の中では映画のシーンの様に、赤と青のケーブルが時計に接続されていて、秒針かデジタル表示の時計がカウントダウンされている。切断するのは赤か青か。

その内、乗務員が検札に来た。座席を確保しないで乗り込んできた乗客を確認しては料金を徴収している。通路を挟んだ隣の人の徴収が終わったので乗務員に声をかけた。「この紙袋は私のではなく、置いて行った人はまだ戻って来ていない。不審物のようだからここから持ち去って欲しい。」乗務員は袋をゆっくり開けた。私からは見えない。中を確認した後、「戻ってくるかも知れないので、ここに置いて置いてください。」「嫌ですよ、あのテロップに流れている不審物かも知れないではないですか、車掌室に持っていって下さい。もし戻ってきたら車掌さんに預けた事を伝えますから。」

爆発物が入っていたり、有毒物が拡散したら大変なことになるから車掌室で隔離すべきである。そうこうしているうちに、その「紙袋」の持ち主が車両に入ってきた。「あの人です。」お前はどこに行っていたんだ。さも私に「紙袋」を預けるような格好で置いて行って。「大」でもしていたのか。人が居るところに置いておくと安全だと思ったのか。

やはりその人物も座席を確保していなくて乗務員から料金を徴収されていた。テロップなどでは「駅係員や乗務員にお知らせください」とはあるが「お渡しください」や「乗務員が引き取る」とはなっていない。

あの後のマニュアルや社内指導はどうなっているのだろう。「内容を確認して危険物でなければ、その場に置く」とか「所有者が戻るまで置く」とかになっているのだろうか。それでは乗務員に知らせても何も変わらない。不審物や遺失物と判断して駅係員や乗務員に知らせるのは、ある程度の勇気と決断が必要である。それなのに知らせたけれど状況は変わらずでは、「知らせずに、その場から立ち去る」人間になってしまう。

あの乗務員は、次の停車駅の東武動物公園駅までに予約していない乗客の確認を終えるミッションがあったのだろうか。そんな「紙袋」よりも「料金徴収」が私の仕事の最重要任務である、のかな。

'07年11月29日には、午前中の仕事を終えて弁当を買って、秩父鉄道小前田駅のベンチで食事を摂った。空いた弁当箱をコンビニ袋に包んで周囲の確認をしたがゴミ箱がない。ソフトドリンクの自販機があるので、カンやペットボトルを入れるゴミ箱はあるが一般ゴミを入れる箱がない。駅員に「ゴミ箱はないですか」と聞いたら、「そう、ないんだよね、私が預かって後で捨てるから」と言われコンビニ袋を受け取ってくれた。

これもマニュアルにはない対応であろう。客が駅で困っていたらどうするか。この件で私の小前田駅の株は上がりました。仕事で訪れるのは二度目だが、一度目は駅から遠い場所で、駅前にはタクシーもいないのでガッカリした経験がある。

あの小前田駅の年配の駅員のような対応を心がけたいものである。


http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2007年12月08日 | コメント (0)